ミニナル。

元転職サイトの営業マンが、人生で学び得たキャリアやビジネスの知見を発信

こちらのWebサイトは移転しました。3秒後にリダイレクトします。


[ミニナル。]

教育や医療で活用される「ICT」とは何か?ITとの比較や意味について分かりやすく解説します。

f:id:mkumaki:20180419190943j:plain

 

昨今注目されている「ICT」。

 

言葉はよく聞くけど、

「ITとICTは何が違うのか?」

「どんなことに活用・応用されているのか?」 

という疑問が多くあるかと思います。

 

今後は、ITよりもICTという言葉が主流になっていきます。

いまのうちに覚えておいて損はありません。

 

今日は、今後ますます活用が加速していくだろうICTについて、

分かりやすく解説していきます。

 

ICTとは何か

 

ICTは、

Information and Communication Technologyの略で

日本語に訳すと、「情報伝達技術」のことをいいます。

 

ITとICTは何が違うのか?

 

結論、同じものと考えて大丈夫です。

 

実は、国際的にはICTのほうが一般的に使われている用語で、

日本ではそれがまだ定着していないため、

ITという言い方が多く使われているようです。

 

ただ、

 

「IT」 = コンピューター技術そのもの

「ICT」 = コンピューター技術の「活用」に関すること

 

と、区別するために使い分けているケースが日本では多いです。

もっというと、公共事業の分野でよく使われます。

 

コンピューターやインターネットの技術自体は「IT」で、

その技術を使った、人と人、人とコンピューターが通信する

応用技術は「ICT」だと捉えると分かりやすいと思います。

 

ちなみにIOTは、「Internet of Things」の略で、

あらゆるモノがインターネットを通じて接続され、モニタリングや

コントロールを可能にするといった概念やコンセプトのことです。

簡単に言うと、モノにネットを繋げる仕組みのことですね。

 

ICT活用を推進している主な分野

f:id:mkumaki:20180420183750j:plain

 

教育

文部科学省が先日、

学校教育にICT環境を整備する5か年計画を発表しました。

 

学校におけるICT環境の整備について(教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018(平成30)~2022年度)):文部科学省

 

学校教育の現場では、IT(ICT)化が遅れていると言われており、

早期にここにテコ入れをするため文部科学省が導入の加速に力を入れています。

 

小学校でプログラミング教育を必修化させるなど、

IT(ICT)リテラシーを若い世代から底上げしていくのが狙いのようです。

 

現に、昨日(4月23日)、子供向けプログラミング教育の市場規模が

今後どんどん上がっていくといった内容のニュースがありました。

 

s.resemom.jp

 

ICT教育ビジネスの活況がすぐ目の前に来ています。

 

≪他、ICT教育に関するニュース記事≫

初めてのプログラミング体験に小学生が歓声 icTenプログラミングDay | ICT教育ニュース

「私立附属校・中高一貫校対策」専門のオンライン家庭教師サービス | ICT教育ニュース

ICTの活用指導力が最下位、奈良県が大学・企業と「教育」に取り組むワケ (1) 先生も生徒も学べる"レシピ" | マイナビニュース

 

小学校から大学まで、幅広くICTが取り入れられています。

教育現場で働く人々は特にここの知見を高めていかないと

取り残されてしまう世の中が近づいてきているように思います。

 

医療

医療の現場においてもIT(ICT)化が遅れています。

コンピュータ・通信技術をさらに取り入れ、 発展していくことが求められています。

 

先日、日刊工業新聞でこんな記事がありました。 

スマホで「健康把握」進む、変化迫られる医療機関

 

診断結果が書かれているカルテを患者もスマホタブレット機器で

閲覧できる仕組みを導入している病院についてのニュースですが、

これについてはこれからどんどん進んでいくことでしょう。

 

これにより、医療を受ける側も自分の健康状態を

より知ることができ、健康促進につなげていくことができます。

 

これから病院は、

ICTを活用できているかできていないかで生き残れるかどうかも決まってくる。

そんな世の中がこれから来るかもしれませんね。

 

総務省もホームページ上で指針を発表しています。 

>>総務省|ICT利活用の促進|医療・介護・健康分野の情報化推進

 

医療・介護・健康におけるデジタル化・ICT化を図り、

ビッグデータ解析によって、より先進的な健康促進を推進しています。

 

おわりに

 

このように、ICTは国が総出で利活用に取り組んでいます。

今後ますますこの動きが加速し活発になっていくでしょう。

より良い社会をつくるための動きとして、今後も要注目です。