ワークライフハックLABO

ワークライフハックLABO

元転職サイトの営業マンが、仕事・人生の向上に役立つ情報を配信

プロジェクトを成功させるために重要なこと

f:id:mkumaki:20180215183933j:plain


こんばんは。

社内で小さなプロジェクトを担当しているものの、

悪戦苦闘しているkumaです。

 

今日は、

プロジェクト成功のポイントを、

仕事が非常にできる先輩2人から教わったので、

私の備忘録の意味も込め紹介します。

 

 

何を実現したいかを起点に考える

 

プロジェクトを推し進めるにあたり、

今日関係者とミーティングを行ったのですが、

沢山のダメ出しをもらいました。

 

「それをやるのはいいけど、それの目的は?」

「いつまでに何を実現したいの?」

「言っていることが抽象的で具体性に欠ける」

 

などなど。。

 

重ねて言われました。

「kumaさん自身が何を実現したいのかが

見えないから、こっちも動きようが無い」

 

私がミーティングで話していたことは、

昨日これを考えといてと言われたことを、

指示通り検討しただけであり、

「自分が何をしたいか」が明確ではなかったのです。

 

そのため、私の依頼に対して

先輩2人は動いてもらうことができませんでした。

 

意地悪ではなく、

腹落ちしていないまま進めることで、

コミュニケーションロスや、二度手間により、

全員の仕事の生産性を落とす可能性があるからです。

 

 

タスクは、具体的な作業ベースまで落とし込む

 

会議で決定したことに対し、

 

「業務フローを見直します」

「○○を検討します」

 

では、具体的に誰がいつまでに

何をするのかが分かりにくいので、

 

「○○さんと明日MTGをし、業務フローを明日中に決定します。」

 

など、ほんの一例ですが、

具体性を持たせると、聞いてる側も

何をするのかが分かりやすくなります。

 

会議の内容を、終わった直後に明文化し見える化する

 

人の記憶はもろいもので、

時間が経つにつれ忘れて抜け漏れが生じるものです。

 

非常に基本的なことですが、

自分がいまやっていることや、やろうとしていることを

頭の整理の意味でもどこかに明文化しておくと、

目的やゴールを見失わずに済みます。

 

私はこれらがしっかりできていなかったので、

沢山の指摘と宿題をもらうことになりました。

 非常に重要かつ有効的な方法だと思います。

 

これを読んでくれた方に、

私の経験が少しでも仕事のヒントになったら嬉しい限りです。

 

私自身、また明日からこのことを意識して

仕事を進めていきたいと思っているこの頃です。

 

進め方が下手なせいで、転職して1ヶ月半、

今日は今までで最も残業してしまいました。

 

仕事の生産性を高めるためにも、

踏ん張っていきたいと思います。

 

それではまた!