ミニナル。

元転職サイトの営業マンが、人生で学び得たキャリアやビジネスの知見を発信

こちらのWebサイトは移転しました。3秒後にリダイレクトします。


[ミニナル。]

転職サイトの営業経験者が書く【転職体験記】

f:id:mkumaki:20180214091851j:plain

2月中旬。

転職活動がより活発になる時期が近づいてきました。

 

この時期は4月入社を狙う人が多いため、

年間で最も転職者が増えるホットなシーズンです。

 

前職でリクナビNEXTなどの転職サイトの営業職をやっていたので

分かりますが、人材会社にとってはこの時期が年間で最も忙しくなります。

 

2018年も引き続き売り手市場が続いているようなので、

いま多くのビジネスパーソンの関心事と言えると思います。

 

今日は、そんな売り手市場の波に乗り、転職をした僕の体験を

書きたいと思いますので、お時間ある方はお付き合いくださいませ!

 

どうやって情報収集をしたか?

①「エージェント」という人材紹介サービスと、

②「転職サイト」の2つをメインで使いました。(めちゃくちゃベタですが)

  その中でも、エージェントをメインのツールにしていました。

 

僕自身、転職サイトの営業やっていた関係で、

色々な転職サービスの特徴を熟知している自負がありました。

なので幅広く使うのではなく絞って活動しました。

転職サービスのそれぞれの特徴については次回以降の記事で

しっかり書いていこうと思います。

 

少しお話しすると、

エージェントの良いところは、

・自分のやりたいこと、強みをもとに求人を紹介してくれる

・面接対策がしやすいところ

・年収を上げやすい

 

といった魅力があるのが選んだ理由でした。

特に年収UPはやはりしたいところですよね。

 

どんな業界を受けたか?

①IT業界と、②インターネット広告業界の2軸で攻めました。

 

この業界を選んだのは、

エージェントにアドバイスをもらったのがきっかけです。

コンサルティング型の提案営業がしたいと伝えたところ、

ITとネット広告を勧められました。

 

それが僕にとってはドンピシャでした。

 

まさに僕がやりたいことが詰まっていて、

かつ成長産業なのでやりがい十分だと感じ、

そこを中心に活動を始めたのです。

 

転職の軸は?

①提案型のコンサルティング営業ができる

②前職とは違った売り方ができたり、幅広い商材を扱える

③安定基盤があり、ある程度個人の裁量をもって仕事ができる

④残業が多すぎない(月40時間以内には抑えたい)

 

良いとこどりの軸ではありますが、

理想を追い求めて活動を始めました。

 

何社応募したか?

約25社応募しました。

 

相場より多いですが、色んな企業を見たかったのと、

書類通過率、面接通過率、内定率のコンバージョンを考えた時に、

 結果的にこのくらいの応募数になりました。

 

 書類通過率は?

約50%でした。

25社応募なので12社ほどですね。

 

平均は30%と考えるとかなり良かったと思います。

 

一次面接通過率は?

15%‥

書類通過12社に対し、2社一次面接通過。

 

がっつりベンチャー企業とかも受けており、

スキル面・人柄面など、ここはレベルが高すぎる・合わないかもと、

僕自身感じた会社は全部通過できませんでしたね。

 

内定率は?

50%

先ほどの2社が最終面接まで行きました。

その2社中、1社が内定になり、その会社に入社することに。

 

 25社応募して、1社内定なので、

応募からの内定率は4%という結果でしたね。

 

けっして良いコンバージョンではないものの、

今回の転職活動で、「自分に合う企業ってどんなだろう?」

という疑問が解消されました。

 

今回はここまで。

 

次回もう少し詳しく、

「エージェントのなにが良かった?」とか、「自分に合う企業とは?」

などを、引き続き実体験をもとに書きたいと思います。

 

お時間あれば次回もご覧くださいませ!